鉄路熱中日記

Station Collection 76 浜田駅

Category: Station Collection  
IMG_09660.jpg

暫く見ないうちに浜田駅は貫禄ある橋上駅舎になっていた。文字通りこの地域を代表する駅の顔だ。発着する特急列車は国鉄時代を優に超える7往復を数え、このほか快速列車や普通列車も相応の本数が発着する。ただ新幹線に連絡する高速バスがこの駅の主役ではあるかも知れない。時刻表を見ると、中国JRバス、広島電鉄、石見交通の3社で16往復があるようだ。
スポンサーサイト


Station Collection 75 静間駅

Category: Station Collection  
IMG_09480.jpg

午後に出雲の地に立てば山陰海岸西部を目指すのが定番だが、一畑撮影にあれこれ時間を費やしてしまった。貴重なキハ47仕立ての137Dは既に出雲市を出てしまっている。仕方がないので、まだまだ明るい時間を利用して駅舎の絵を拾っていく。大田市の次の駅、静間は何とも味わい深い木造駅舎が残る。駅事務所だった区画は自治会の集会所として改装されているようだ。扉は閉まったまま、或いは今日の駅の利用者はこの時間まで皆無だったか。長期連休初日の穏やかな時間が流れる。


稲生神社

Category: 中国地方  
IMG_09360.jpg

高梁川でやくもを撮ったあとは、京王の塗装そのままの2100系目当てに、一気に一畑電車沿線まで移動。遥か以前に南海ズームカーを譲り受けた3000系を撮影して以来の、一畑電車きってのポイントだ。列車側面にはぎりぎり光線が当たる状況、撮れるのは残り数本程度か。鳥居を強調すべく三脚を低めにセット、広角を目一杯に振り切る。目の前を通過したのはしまねっ子塗装の編成で狙いとは違うが、同系そのものの先行きがそう長くない以上、貴重な記録であることには違いない。

一畑電車 高浜-遥堪 2018/04/28


初夏の伯耆路

Category: 中国地方  
IMG_09291.jpg

久しぶりに訪れた、第3高梁川橋梁を側面から狙うポイント。しかししばらく訪問しないうちに木々は成長し、特急列車の編成を収めるのはとうに困難になっていた。無念この上ないがこのまま当地を立ち去るのは忍びなく、たまたま見つけた隣の第4高梁川橋梁を俯瞰するポイントで381系やくもを迎え撃つことにした。国道脇からの立ち位置の近くには幸いクルマを停めるスペースもある。ゴールデンウィーク初日とあって各列車は長編成で駆け抜けていく。先頭車が中間に挟まり編成美が崩れるのは致し方ないが、この距離なら4両目がクモハであることは殆どわかるまい。
くろしお譲りの綺麗なクハが先頭のやくも10号を難なく仕留めたものの、時刻表を当たると、1日違いで年間数日しか走らないサンライズ出雲91号が後追いながら同じ構図で収まることにも気づく。ともあれ行きあたりばったりの長期撮影旅行2018年ゴールデンウィーク編、まずは順調なスタートである。

やくも10号 伯備線 備中川面-方谷 2018/04/28


あべのハルカス

Category: 近畿地方  
IMG_07987.jpg

帰り道の行く手には日本一の高層ビル、あべのハルカス。これを取り込む画角もいくつか紹介されている。クルマをあえて取り込み街中の雰囲気を演出するのが臨場感もあって良さそうだが、変な場所に割り込みを喰うリスクもある。山勘が働いて咄嗟に降りた松虫駅南側からは、少なくともそれは邪魔にはなるまい。運よく新造当時を復元した金太郎塗りが小さな駅に滑り込んできた。

阪堺電軌上町線 松虫 2018/03/24


プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


アクセス
検索フォーム