FC2ブログ

鉄路熱中日記

奥会津の煙 3

Category: 東北地方  


話は2006年に戻る。聖ヶ鼻で北越を撮影後は、隘路の連続する国道252号を抜け、一気に只見線へ。この日はSL会津只見号の運転日。まだ紅葉の時期の運転ではなかった頃だ。同列車の撮影ポイントでも最西端にあたるこの付近であれば、北越との掛け持ちも可能というわけだ。2011年の豪雨災害を受け今も不通が続く第八只見川橋梁。会津若松側に向けての勾配はC11には少々荷が重いのか、3両の客車を従えた同列車は爆煙を吐いてやって来た。

SL会津只見号 只見線 会津塩沢-会津蒲生 2006/10/09
スポンサーサイト


奥会津の煙 2

Category: 東北地方  
IMG_9883.jpg

ここも長らく温めていたポイントのひとつ。曖昧な記憶を頼りに、迷いながらも何とか辿り着くことができた。8年の歳月は視界をかなり遮っていたが、それが新緑だったことでむしろ味わいは増したかも知れない。数年後には消滅するかも知れないわずかな隙間には、数段にわたる三脚の放列。その傍らで苦しい姿勢に耐えながらも列車を待つ。風の影響で煙が少々暴れてしまったが、そこには平成の世とは思えぬ里山の風景が展開されていた。

SL只見線新緑号 只見線 早戸-会津水沼 2017/05/20


新緑の只見線 3

Category: 東北地方  
IMG_99246.jpg

424Dを撮影後、次の426Dを第四橋梁で捉える。只見線の普通列車は朝方にまとまった本数があり、ホテルで無料朝食などにありついている場合ではない。立ち位置も道路の橋梁上のため、ここは撮影地としてはしばらく安泰だろう。新緑に似合う濃淡グリーン塗装のキハ40系が、クラシカルな橋梁を静かに渡る。

426D 只見線 会津水沼-会津中川 2017/05/21


新緑の只見線 2

Category: 東北地方  
IMG_99161.jpg

第三只見川橋梁を北側の国道から狙うポイントは、かつては只見線を代表する景観で知られた。ご多聞に洩れずここも木々の成長でポイントとしては風前の灯か。道順さえ知っていれば容易にその上に上がることができたスノーシェッドも、昨今は厳重に立入りが規制されている。新緑の木々を交えて、道路脇の僅かに残る隙間から朝の風情を捉えた。

424D 只見線 会津宮下-早戸 2017/05/21


新緑の只見線

Category: 東北地方  
IMG_98690.jpg

蒸機とともに、数を減らしつつあるキハ40系列も貴重な被写体。只見川第三橋梁の順光側ポイントを久々に訪問。木々の成長でかなり雰囲気が変わっているが、素晴らしい撮影地であることに変わりはない。多くのカメラが構える中、普段着の気動車が静かに通過する。

428D 只見線 会津宮下-早戸 2017/05/20


プロフィール

鉄道少年(7023M)

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム