FC2ブログ

鉄路熱中日記

Station Collection 27 今川駅

Category: Station Collection  
_MG_70661.jpg

笹川流れの景観の只中にある小さな駅。国鉄時代は臨時乗降場の扱いで、JR移行時に駅に昇格した。北海道に多いが本州では珍しい存在。駅前には「民宿発祥の地」の碑が。確かにそれらしい佇まいの家屋が多く、そうした土地柄なのかも知れない。
スポンサーサイト


脇川漁港

Category: 中部地方  
_MG_71581.jpg

新潟県の最北端付近、羽越線のすぐ西側に位置する脇川漁港。木造の家々と漁船がいかにも昭和の面影を色濃く残す佇まいだ。更に西側を国道345号が通っているため、午後の光線を利用して手軽に漁港と列車を絡めることができる。海沿いということで日没近くまで撮影可能かと呑気に構えていたが、現実は甘くなかった。立っている国道の欄干の陰が画角に忍び寄り、午後3時頃にはタイムアウトとなってしまう。撮影対象となりうるのは下りの5号1本しかない。
穏やかな時間が流れる昼下がり。ブロックパターン塗装を纏ったR編成が軽やかに駆け抜けていった。振り返ると空と海をくっきりと分ける水平線が心地良い。

いなほ5号 羽越本線 今川-越後寒川 2012/09/16


間島の朝

Category: 中部地方  
_MG_69656.jpg

今回の羽越入りは夜行バスを利用した。体力的には苦しいが、早朝に新潟に到着するため、朝早くから行動できるメリットも。レンタカーを借りる早々ここ村上-間島間の海バックポイントに直行。静かな朝の海岸を、滑るようにR編成がやってきた。

いなほ1号 羽越本線 村上-間島 2012/09/14


Station Collection 26 吹浦駅

Category: Station Collection  
_MG_7018.jpg

小砂川カーブ出撃前夜。北へ向かってクルマを走らせる。国道を流していると、右手にいかにもといういでたちの駅舎が煌々と明かりを照らしている。まだ20時前だが人気は感じられない。
昔からローカル急行が停まる程度で、さして大きな駅ではないが、1990年前後の時刻表を紐解くと、寝台特急「出羽」の停車実績があったことがわかる。昔ながらの見送りの姿なども見られただろうか。今は短編成の鈍行電車が思い出したように停まるのみだが、大きな構内と古びた駅舎はそうした栄華を静かに語りかけてくる。


プロフィール

鉄道少年(7023M)

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム