FC2ブログ

鉄路熱中日記

夏風

Category: 中国地方  
夏風

時刻表を確認する。キハ47のすぐ後を特急が追いかけるはずだ。今度は望遠から標準系にレンズを差し替え、はやる気持ちを抑えて各種設定を急ぐ。キハ47の通過から僅かに7分後、すっかりこの地の主となったキハ187系が、穏やかな空気を切り裂くように駆け抜けていった。

スーパーおき5号 山陰本線 田儀-波根 2013/06/29
スポンサーサイト


海と日御碕神社

Category: 非鉄運用  
海と日御碕神社

弊ブログで2度目の登場となる日御碕神社。海バックで全景を臨める旨の看板に思わずクルマを停める。申し訳程度のパーキングの傍らからは思わず息を呑む光景が広がっていた。


日御碕

Category: 非鉄運用  
日御碕

出雲大社からクルマで20分程の日御碕へドライブ。灯塔の高さ日本一を誇る白亜の佇まいが眩しい。適当に散策するうち、恰好の撮影ポイントも見つかった。雲ひとつない青空と大海原に何と似合うことか。


山陰西部のキハ47

Category: 中国地方  
山陰西部のキハ47

キハ58系が終焉を迎えた2000年前後、数々のアングルが開拓されたタギハネ界隈。時間の経過とともに雑草に埋もれて消えるポイントも出始めた。ここもそのはずだった。去年の夏に訪れたときにはとても撮影どころでは・・・ しかし誰の所業だろう、今年は草刈りにより数人分の足場が確保され、懐かしいアングルで撮影する用意が出来ていた。国鉄型のほとんどの型式が山陰西部から消えた現在、出雲市を15時08分に出る331Dは、今もキハ47の運用を堅持する貴重な列車。当時と変わることなく、素晴らしい光線状態でこの地にやってくる。

331D 山陰本線 田儀-波根 2013/06/29


Station Collection 37 出雲大社前駅

Category: Station Collection  
出雲大社前駅

ステンドグラス風の窓をあしらう洋風建築として知られる出雲大社前駅は、昔とはやや装いが変わっていた。側壁は再塗装が施され、がらんとしていたはずの右側はしゃれた雰囲気の喫茶店が営業を始めている。国の登録有形文化財として登録され、近代化産業遺産の認定も受ける由緒ある建造物だが、経営も厳しい折、生き残りを模索するしたたかさも兼ね備えるといったところか。

一畑電車では数少ない有人駅で、切符を買わなければ改札を通れないが、同鉄道の至宝-デハ二52が静態保存される一角は、車内を含めて自由に見学できるよう構内が改造されている。見ていると老若男女、あらゆる世代の人々が吸い込まれていく。すっかり有名になったオンボロ電車のアピール効果は抜群のようである。


大社界隈

Category: 中国地方  
初夏の一畑電車

梅雨時の6月でも梅雨前線の南下などで晴天に恵まれる日がある。日頃の雨が空中の塵を洗い流し、絶好の撮影日和になることも。この日は山陰地方が快晴に恵まれそうと踏み、まずは車両更新が近いとの噂も流れる一畑電車の沿線へ。終着出雲大社前駅直前の橋梁付近にはいつも小舟が浮かび情緒を醸す。カメラを縦に構えれば舟と山頂を一枚に収められそうだ。折しも出雲大社の平成大遷宮もあって活気が戻る一畑の各列車。休日には特急なる種別の列車も運行されるようだ。

一畑電車 浜山公園北口-出雲大社前 2013/06/29


プロフィール

鉄道少年(7023M)

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム