鉄路熱中日記

夕刻を急ぐ

Category: 中国地方  
IMG_83310.jpg

ロクヨンことEF64牽引のコンテナ列車は通過時に限って上空を雲が通過、撃沈に終わる。山間部のことでしばしばあることだが、出来れば失地を回復して帰路につきたいところだ。高速代の節約も兼ねて姫新線沿いの県道を東進。夕刻に適当な便があったはずだ。気まぐれに見つけた水田のそばには趣のある瓦屋根の一軒家。勢いで組んだ構図を確認する間もなく、傍らの踏切が鳴った。

今風の軽快気動車。かつての機械式気動車、キハ04あたりを模した風体にでもすれば観光需要も掘り起こせたのでは、とも考えてしまうが、救いは走行線区がローカル色に富んでいること。料理次第では、とも思えてくる。いずれこの気動車とともに季節感を捉えるのも悪くないかも知れない。

865D 姫新線 丹治部-岩山 2014/07/26
スポンサーサイト


深緑渓谷

Category: 中国地方  
IMG_82430.jpg

伯備線経由で岡山と出雲市を結ぶ特急やくもは、今や全列車が国鉄型で運用される稀有な系統となった。変化に富む線形と相俟って撮影ポイントにも事欠かない。梅雨時のさなかではあったが、週末の天候が回復傾向とみて出撃を試みた。国道182号から外れて線路を伝う急カーブだらけの県道を進むと、小気味良い渓谷の向こうに線路が僅かに見渡せる地点に出る。山間部でもあり影には注意が必要だが、夏場でもあり少し時間をやり過ごせば条件は整ってくる。緑濃い水辺に、暖色系の塗装はいいアクセントになってくれる。

やくも8号 伯備線 備中神代-足立 2014/07/12


Station Collection 47 小歩危駅

Category: Station Collection  
_MG_18621.jpg

土讃線は比較的多くの木造駅舎が残る。小歩危峡の急斜面に張りつくように佇む小歩危駅もそのひとつ。列車に乗るにはご覧のように急な階段を登らなければならない。お陰で駅からの渓谷の眺望はなかなかのもの。味のある駅舎に触れていると、時々汽車旅が恋しくなってくる。


初夏の小歩危峡

Category: 非鉄運用  
_MG_18576.jpg

国道32号を流していると突如飛び込んでくる渓谷美。時間にも余裕があったのでしばし休憩、つかの間の涼に心が和む。穴内川ポイントへ向かう道すがらのひととき。


プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


アクセス
検索フォーム