FC2ブログ

鉄路熱中日記

Station Collection 51 篠路駅

Category: Station Collection  
11.篠路駅

北斗星の札幌到着が11時15分。17時には神戸への飛行機が新千歳を飛び立つ。あまり遠くには行けないので、電化後の札沼線を覗くことにした。大規模な高架駅やホームだけの無人駅、結構いろいろな駅がある。終着列車があったこともある篠路駅は、いかにも国鉄然としたいでたちで現れた。
特急が来てもおかしくなさそうな新琴似あたりに比べれば、なんともこじんまりとした印象。それでも日中20分に1本の列車があるから利便性は上々。函館本線や千歳線は15分サイクルが基本でやや頻度が落ちるが、これまでの札沼線の成長を考えれば、それに組み込まれるのに時間はかからないかも知れない。
札幌付近と終着の新十津川に大きな運転本数の差がある同線。先に進みたいが、そろそろ空港へ戻るとしようか。

今年一年、ご愛顧戴きありがとうございました。2015年も「鉄路熱中日記」をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


北斗星入線

Category: 北海道地方  
10.北斗星入線

天気予報をよそに天候に恵まれた今回の北海道遠征も、最終日はさすがに低気圧の通過に阻まれた。しからば札幌駅への長距離列車の入線でも狙ってみようかと思い立つ。コンクリート漬けの札幌駅には、情感を増幅するかも知れない降雨は、むしろ望むところだ。
時刻表をあたると3番線の入線。カメラを縦にして、隣の5番線から望遠を覗くと、上に架線柱、下にクロスポイントが居座り、存分に都会の駅を主張する。バックのマンションも適度に霞んで、むしろいい雰囲気だ。さほど速いシャッタースピードは必要ないだろうが、ISO感度は少し高めに設定。やがて上野から16時間強の長旅を終えた大将がのそのそと進入してくる。先頭は昨夜はまなすの先頭に立った1102号だった。

北斗星 函館本線 札幌 2014/10/27


最後の客車夜行急行

Category: 北海道地方  
IMG_98396.jpg

道内を走る夜行列車群をもう少し撮りたいところだったが、思っていた撮影地の木々に勢いがなかったなどの理由で先送りである。日本最後の客車夜行急行として知られる「はまなす」は、陽の短い今頃は走行写真は難しく、手っ取り早いのは上り列車の札幌駅バルブ撮影ということになるだろう。入線する4番線の停車位置を確認後、隣の5番線に上がる。入線とほぼ同時に目の前に気動車普通列車が入線してきたが、暫くのちに車庫に引き上げた。これから発車までの10分少々が撮影チャンスである。
釧路、網走、稚内。道内各所へ向かうこうしたいでたちの列車の出発を待ちながら、ホームに古新聞を敷いたのも昔語り。目の前に辛うじて残るこの列車も、走行区間の一部が北海道新幹線のそれと重複するとあっては、その先も長くはあるまい。札幌駅で撮るのが最後のはなむけのようにも思えてくる。
定刻を若干遅れ、青森へ向けて発車。驚いたことに、座席は殆どが埋まっていた。

はまなす 函館本線 札幌 2014/10/26


函館山

Category: 非鉄運用  
IMG_96710.jpg

何度この地を訪れても外せないのが函館山。スケールの大きさもさることながら、両側を海に挟まれていることで地形がはっきり捉えられるところも魅力だろうか。ロープウェイが運休中とのことで、臨時の函館バスの客となる。次第に高度を上げ、木々の間から覗く夜景に歓声が沸く。期待を裏切らない観光名所のひとつだ。
以前は貧弱だった供食体制、現在は洒落たレストランも営業。ジンギスカン定食なぞ堪能後、お約束の撮影タイムとなる。混雑も常態化しており、いつまでも三脚を構えるのはマナー違反だろう。こうしか撮りようがないかと思うが、道南を代表する景観に、しばし酔いしれた。
明日は天候が大きく回復、倶知安界隈は快晴予報である。早起きして一気に稲穂峠を目指すとしようか。


函館十字街

Category: 北海道地方  
05.函館十字街

函館へ赴いたら、是非訪問しておきたいのが函館市電。昔なつかしい旧塗装組が何両か加わっていたはずだ。バルブ撮影をするなら信号が電車を確実に停めるところ、ということで十字街を目指す。目当ての車両は意外に早く現れ、信号の前できちんと停車してくれた。たまたま写り込んだ車のヘッドライトもいい位置で流れてくれただろうか。

このほか市街地には、元町公園周辺の教会群や煉瓦造りの倉庫、メモリアルシップ摩周丸など数々のアイテムがライトアップされる。闇に浮かぶ数々の魅力的な被写体は、撮り鉄旅行に異色の楽しみを提供してくれる。

函館市電 十字街-宝来町 2014/10/25


プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム