FC2ブログ

鉄路熱中日記

太秦界隈

Category: 近畿地方  
_MG_89301.jpg

さくらのトンネルを堪能後、更に撮影ポイントを求めて太秦広隆寺駅付近を彷徨っていると、専用軌道がSカーブを描く区間が。たまたま道路から狙える画角に大きな障害物は入らないようだ。白眉はこの日もたまたまコンビを組んでいた旧塗装同士の2両編成。昔ながらの同鉄道の雰囲気を振りまきつつ、甲高いブレーキ音をたてて駅に滑り込んだ。

京福電鉄嵐山本線 太秦広隆寺 2013/03/30
スポンサーサイト


桜のトンネル

Category: 近畿地方  
_MG_88930.jpg

2013年の桜前線は記録的な早さで北上した。列車といかに絡めるか。いくつかの候補を勘案、京都は嵐電の桜のトンネルに目星をつける。撮影行は大抵クルマに頼るが、観光シーズンの京都はどこも渋滞。駅間距離が短く運転本数の多い嵐電にあっては乗り放題切符が有効だ。現地の桜はまさにピーク。タイガーロープを何とかかわすべく三脚を目一杯に上げ、携帯用の折りたたみ踏み台に乗って機材をセット。さして距離も長くない北野線では、10分毎に3編成が交互にやってくる。屋根の上にはビューゲルの代わりにシングルアーム。どこか昔の香りを残しつつ現代に逞しく生きる、嵐電は一風変わった中小私鉄だ。

京福電鉄北野線 宇多野-鳴滝 2013/03/30


昭和の老兵 2

Category: 近畿地方  
IMG_87051.jpg

2300系引退へのカウントダウンが始まった。最終の定期運用は3月20日、その一ヶ月前からは2編成のうちの1本に引退を記念するヘッドマークが装飾される。長年の活躍をねぎらう思いは十分理解出来るが、その鈍重な雰囲気を捉える機会は減ることになる。
その最後のチャンスとなった日曜日。予報では晴れのはずの天気はさっぱり冴えない。編成本数が少ないこと、動きの遅い場所という条件も考慮に入れれば、最良の選択は梅田駅構内ということになるだろうか。
望遠を覗くと障害物は思いのほか少ない。都市部のことで本数も多く練習にも事欠かない。編成両数が7両であることも考慮に入れ、ああでもないこうでもないと画角を練り込む。運用を知るわけでもなく無為に時間が過ぎていく。待ちくたびれた午後4時15分過ぎ、ようやく大柄なパンタグラフを振りかざして現れた2313F。1960年の登場から55年、あとわずかな時間を残して、昭和の老兵も過去帳入りすることになる。

阪急京都線 梅田 2015/02/15


昭和の老兵

Category: 近畿地方  
IMG_85810.jpg

「もっと早く動いていれば」もう何度よぎったかわからぬ思いを胸に、時間を見繕っては撮影地へと出向く。阪急京都線水無瀬駅先端がまずまずの撮影地と知ってから、これで3度目の出撃。微妙に逆S字を描くカーブ、高架線上ということもあり障害物の少ないすっきりとした背景。望遠で画角を絞れば十分に鑑賞に耐える絵が出来上がる。
最大の狙い目は遠からず運用離脱が囁かれる2300系。運転台直後に載る大柄な菱形パンタを迎撃しようと 1時間半ほど粘るものの、一向に現れない。高密度運転のさなか、やはり2編成しかないというのはきつい。高槻止めや千里線の鈍行に従事していれば何時間待ったってやってこない。代わりと言っては何だが、まだ本数のある5300系を捉える。クロスパンタを装着するから多少近代的に振った容貌となるが、前パンを粋がっている割に垢抜けのしない顔立ちは、やはり昭和の老兵。冬場の西日が気だるい空気感を支配する。いずれ貴重な車両ともなるであろうかつての阪急のスタンダードを、慎重に切り取った。

阪急京都線 水無瀬-大山崎 2015/01/24


紀州鉄道

Category: 近畿地方  
IMG_87490.jpg

南部のポイントは午前中順光。午後は時間に余裕ができる。例年南部梅林に足を向けたりしているが、今年はご無沙汰の紀州鉄道に立ち寄ってみた。古参気動車キハ603の引退後は静かになった印象だが、全国唯一の2軸気動車も今となっては珍車であり、無視できないところ。
終着駅西御坊のどん詰まりから望遠で街並を圧縮する定番構図を志向するも、到着時にはすでに気動車が駅に入線していた。試しに目の前の車両に広角を向けて一杯に振り切ると、ホームを含めた平和な構図に収まった。あれこれ撮るうち、ホームの入線風景が撮れることに気づき次の列車を待ったが、その頃には青空は見事に薄雲に遮られてしまった。

紀州鉄道 西御坊 2015/02/21


プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム