FC2ブログ

鉄路熱中日記

帰り道

Category: 近畿地方  
IMG_23660.jpg

路面電車は日が暮れてからも面白い。うまくいけばそれ特有の表情が撮れたりもする。この時は夜の屋台の明かりに期待を寄せて三脚を立てる。遮断機が下りても手前にクルマが停まったりしてなかなかうまくいかないが、肝心のブルーモーメントの時間に地元の方が踏切にひっかかってくれた。下町情緒を今に残す阪堺電軌、恵美須町から住吉までの区間は昨今減便され、来年1月末をもって住吉公園駅が廃止されるなど元気がないようにも映るが、大阪南部の顔として、いつまでも踏みとどまってほしいところだ。

阪堺電軌 恵美須町-南霞町(現:新今宮駅前) 2014/03/23

今年一年、ご愛顧戴きありがとうございました。2016年も「鉄路熱中日記」をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


冬晴れ

Category: 近畿地方  
IMG_10460.jpg

今年はエルニーニョの影響か、随分雲に泣かされたようにも思う。12月20日はそうした思いを吹き飛ばすような晴天に恵まれた。既に色味の乏しいシーズンに突入しているので、その被写体を街中に求めることとしようか。
目指すは阪神なんば線、前々から気になっていた新淀川を跨ぐ長大な橋梁。地図を当たると順光になるのは昼前、のんびりした出撃となる。とは言え時間が過ぎると雲が湧いてくるのはお約束、目の前のチャンスは確実に仕留めておきたい。都市部のことで列車は頻繁に往来するが、ステンレスカーが比較的存在感を主張してくれるだろうか。

阪神電鉄なんば線 伝法-福 2015/12/20


晩秋の武庫川

Category: 近畿地方  
IMG_0992C.jpg

本当は柿とのコラボを撮るつもりだった。紅葉も終盤の山里にあって残り柿は十二分に季節感を演出してくれる。しかし思っていた株はカラスに喰われたのか実の殆どを落とし、別の箇所で見つけた株も列車と絡めにくいときた。やむなく周囲を見渡して偶然見つけたのがこのポイントである。武庫川沿いの桜で紹介した地点よりも川をダイナミックに配することが出来そうだ。あの頃と比べて木々が成長し、撮れるシーズンは限られるだろう。撮影対象は3連が適当か。次の11号はたまたま条件に合う。やや冷たくなり始めた秋風に吹かれながら、列車の通過を待った。

こうのとり11号 福知山線 道場-三田 2015/11/28


秋雨渓谷

Category: 近畿地方  
IMG_09794.jpg

丹波界隈の紅葉のピークは前線の通過とともに迎えた。折角新顔が入って間もない週末に因果なことであるが、同時に晴れると影だらけになる川代渓谷も頭をよぎる。晴天だけが好条件というわけでもないだろう。特に渓谷などではそうした雰囲気を味方につけることもできるかも知れない。土曜日が曇り、日曜日が雨。あえて日曜日を選んでクルマに飛び乗った。
天候不順の影響か、渓谷の紅葉の色づきは思わしくない。が、肝心の画角に入る木々に限って絶妙な雰囲気を醸しているではないか。紅葉のピークと雨天の組合せもいつもあるわけではあるまい。意気揚々と、傘を片手に差しながら撮影準備にかかる。
PLフィルターは光の反射を少々残せば雨に濡れた岩場を表現できるだろうか。切り位置に適正に収まる編成両数は4両、条件に合う7号を待つまでの間に、バックの山を覆う霞が少々弱まってしまったが、ほぼ思い通りの絵柄が押さえられそうだ。やがてこの界隈では見慣れない位置のヘッドライトが近づく。初の289系撮影に緊張が走る。

こうのとり7号 福知山線 丹波大山-下滝 2015/11/08


終焉近い785系

Category: 北海道地方  
IMG_07110.jpg

カシオペアクルーズの下り便も魅力的な被写体になるはずだった。稀府駅の南にある有珠山を臨むポイントは、通常のダイヤでは側面が陰でつぶれてしまうが、午後通過となるクルーズ便は順光になる。前線通過により幻と散ったのは残念至極。晴れ間のある午前中に何か撮れるものはないかと考え、白老方面に進路をとる。かの有名ポイントには立入禁止のロープが張られるが、その外側から十分な構図が取れる。言わばJR北海道公認の撮影地というわけだ。定刻に現れたのはこちらも余命幾許もない785系。貴重な被写体の捕獲に成功した。

すずらん3号 室蘭本線 白老-社台 2015/10/18


プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム