FC2ブログ

鉄路熱中日記

南国早春賦

Category: 九州地方  
_MG_0196.jpg

本日最後の被写体を余命幾許もない真っ赤な485系に定め、クルマを南へ走らせる。3月に九州を訪れる機会は、今後ともそうはないだろう。とすれば、この季節にしか撮れないものを押さえて帰りたい。期待していた菜の花は思っていたほどのボリュームではないにせよ、添景としてはまずまずの彩を見せていた。
2時間に1本の割で運転される特急きりしま。順光で撮れるのは17時前に現地を通過する13号しかない。5両編成という長さはローカル旅情を演出するには適度なところ。或いは撃沈に終わったリバイバルなはの失地を補って余りあるラストショットか。
撮影を終え、傍らにあるのはレンタカーではなく自分のクルマ。高速道路どこまで乗っても1,000円の時代で財布の心配はいらないが、ちょっと調子に乗りすぎたか。普通の日曜日の晩、長駆1,500kmののち、自宅に辿り着いたのは午前3時であった。

きりしま13号 日豊本線 霧島神宮-国分 2010/03/28
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム