FC2ブログ

鉄路熱中日記

秋色の小歩危峡

Category: 四国地方  
IMG_19466.jpg

久しぶりに休日の時間と天候がシンクロ、どこへ出撃するか迷いに迷った挙句に、四国の小歩危峡に足を延ばす。現地はまさに紅葉のピーク、色づく木々が眩ゆいばかりだ。定番のもみじ亭で祖谷そばを堪能後、午後から陽が廻る第二吉野川橋梁をモチーフに、絵になるポイントを探す。橋の半分を木々で隠すのは、構図もさることながら背後の建造物に隠れてもらうためでもある。陽が廻り始めて初めての高松ゆきをまずは押さえたが、これ以降は一段高い木々からの陰が画角に差し込み絵にならない。後追い撮影の南風14号は、このアングルが通用する唯一の列車だったようだ。

南風14号 土讃線 小歩危-大歩危 2018/11/11
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム