fc2ブログ

鉄路熱中日記

妙見の森へ

Category: 近畿地方  
IMG_8323.jpg

阪急沿線では貴重なケーブル。妙見の森への鋼索線が、老朽化や客足の伸び悩みなどを理由に12月3日に姿を消す。開業は実に1925年、戦時中に休止時期を挟むが、再開の1960年から数えてもその歩みは63年にわたる。地味ながらその存在は気になってはいた。地図を当たれば夕方順光はすぐに判断がつく。木々の間から車両が見通せる箇所はあるか。大きな陰が落ちることはないか。
起点は能勢電鉄妙見口駅から徒歩20分と足場はいいとは言えない。何かと物入りな所用の合間を縫って現地へクルマを走らせる。現地到着時は3時半過ぎ、さすがに駐車場の混雑は避けられたが、係員に「料金はいいよ」と言って戴いたのには驚いた。
麓の黒川駅のすぐ横が恰好の撮影ポイント。紅葉は盛りを若干過ぎていたかも知れないが、見通しは思ったより良好である。速度は鈍足、シャッタースピードに気を遣う必要はない。雲ひとつない行楽日和の風情を無事手中にした。
陽が陰ってきたところでお別れ乗車。ゆさゆさと大きく揺れる車体に感じる昭和。身近にこんなのんびりとした空間が広がっていたとは。もっと早く訪れていればとは、いつもの思いではある。

妙見の森ケーブル 黒川-ケーブル山上 2023/11/18
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment

プロフィール

鉄道少年(7023M)

Author:鉄道少年(7023M)
ブログ「鉄路熱中日記」へようこそ!

Click Please!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ


月別アーカイブ
アクセス
検索フォーム